キッチンリフォーム

システムキッチン

毎日使うキッチンは、居心地のよい場所にしなければなりません。デザインがいくらよくても、使いづらいキッチンでは意味がなくなってしまいます。お客さまの家族構成や、ライフスタイルなどを考慮し、料理が楽しくなるようなキッチンにリフォームいたします。

こんな時にご相談ください!

  • 調理スペースを広げたい
  • シンクを大きくしたい
  • セパレートキッチンからシステムキッチンに一新したい
  • 収納を増やしたい
  • キッチンの間取りを変えたい
  • IHクッキングヒーターに取り替えたい

間取り変更

オープン型、L字型、セミオープン型といったタイプがあり、お部屋の構造や用途、お住まいの環境に合わせた形を選ぶことが可能です。カラーバリエーションも豊富で、デザインも様々!今よりもっと使いやすく、もっとコミュニケーションを取りやすくするために、生活動線を見直してみてはいかがでしょうか。

コンロまわり

ビルトインコンロ(ガスコンロ)

本体価格・ランニングコスト・導入のしやすさ・災害時の復旧の早さを重視する

キッチンのガスコンロ交換はとても簡単で、1時間程度で終了します。以前のガスコンロは吹きこぼれによるこびりつきなどでプレートがべたつき、ゴシゴシと落とすことが困難でしたが、最新のキッチンのガスコンロには吹きこぼれ防止機能等が搭載され、汚れの落ちやすい素材を使用した商品も多く出ています。

IHクッキングヒーター

掃除のしやすさ・安全性を重視する

IHクッキングヒーターとは、火を使わず鍋自体を発熱させる、人と環境にもやさしいクリーンエネルギーを利用した調理器のことです。熱効率はガスの約2倍で、調理までの立ち上がりが早いのが特長です。上手に導入しますと、光熱費の大幅削減にもつながります。しかし、住まいの電気の使用状況や調理をする時間・時間帯によってはかえって電気代が大きくなる事がありますので、注意が必要です。

調理機器の交換時には使用状況やライフスタイル等を考慮し、最適なご提案をいたします。

食器洗浄機

食器洗浄機は大きく分けて「ビルトインタイプ」と「卓上タイプ」に分けることが出来ます。その他、食洗器のサイズと開閉のタイプも大切なチェックポイントです。

ビルトインタイプ

収納スペースの一部に設置するタイプです。大幅なキッチンリフォームをご検討されている方や洗い物の多い方、費用をかけられる方におすすめです。

卓上タイプ

キッチンスペースに設置するタイプです。簡単なリフォームをご検討されている方やキッチンスペースに余裕のある方におすすめです。

予算やキッチンスペース、食器を洗う頻度や洗い物の量などを考慮し、最適なご提案をいたします。

シンク

キッチンのシンクの一般的な寿命は、15~20年と言われています。においやキズが気になり始めたら、そろそろ変え時かもしれません。
現在お使いのキッチンにより、シンクと天板だけを取り替えることができるのか、あるいはキッチン台を一新しなくてはならないのかは異なります。現状の不便な個所やお困りごとに合わせ、シンクの大きさ、料理のスペースなどを考慮しながら使いやすい環境を整えましょう。

給湯器

「水道からお湯が出てくる」日常生活で当たり前のことですが、これは全て給湯器のおかげです。
使用量に合わないサイズを使用していたり、寿命を迎えているものを無理矢理使い続けてはいませんか?

ライフスタイルに合わない給湯器を使用することは、給湯器自体の故障の原因となるほか、余分な維持費がかかることもあります。「お湯を使用する際に不便を感じることがある」「コストを見直したい」という方は、今の生活にあった給湯器へ交換することをおすすめいたします。

こんな時にご相談ください!

  • 家族が増えてお湯の使用量が増えた
  • 光熱費を見直したい
  • お湯が温まるのに時間がかかる
  • お湯の温度が一定でなくなった
  • お湯がぬるい

※緊急時にはレンタル給湯器を無料で設置いたします。

熱源による違い

熱源(エネルギー源)は、「ガス式」「電気式」「石油式」の3タイプに分けることができます。組み合わせる設備機器やイニシャルコスト、ランニングコスト、求める機能性により適切なタイプをご提案いたします。

システムによる違い

使う時に必要な量のお湯を沸かす「瞬間式」と、タンクにお湯をためて使用する「貯湯式」の2タイプがあります。設置スペースの有無や一度に使用するお湯の量などにより、適切なシステムをご提案いたします。

サイズ

1人暮らしの方、もしくはご夫婦2人暮らしの方(16号~)

1人暮らし・ご夫婦2人暮らしの方であれば、1年中快適にお湯を使用することができます。

3人家族の方(20号~)

水温の低い冬期などを除き、2箇所で同時にお湯を使用することができます。

4人家族以上の方(24号~)

1年中、シャワーとお湯を同時に使うことができます。水温の低い冬期でも安心です!

給湯器と一口に言っても、その種類は様々です。家族構成やライフスタイルを明確にし、暮らしにあったシステムを選びましょう。

料金(フロ給湯器・追い焚き付オートタイプ例)

  • フロ給湯器20号オートタイプ 定価300,000円の70%オフ90,000円
  • マルチリモコンセット 定価30,000円の50%オフ15,000円
  • 施工費35,000円標準工事
  • 産廃処分費5,000円

⇒合計145,000円(税別)

※設置状況により追加料金が発生する場合があります。

メールお問い合わせをする